W杯

まったく書き込んでなかったですが、観れる限りは観ておりました。

日本VSパラグアイは寝不足承知で2時まで観て感動し、
イタリアの予選落ちに本気でがっかりし、
ドイツのエジルに似てると遊ばれて、

中々楽しいW杯となりました。

ちなみに・・・。

優勝予想当たってました。
http://gokudoh.exblog.jp/13450311/

結果的には順当といえば順当だったけど、予選でスイスにまさかの敗戦でこりゃ優勝ないなとか
思ってたんですがそっからの自力が凄かったです。やっぱタレントそろってますね。

ほんとは1試合1試合総括したいんですけど、そんな元気もないんでやめときますw

さーってサッカー好きだからW杯からJリーグにシフトチェンジしたいんですけど、
地元にプロチームがないんで本気で応援出来るところがないため残念ながら力入れて観れません。
近いとこで新潟だったりしますけど・・・(新潟に敗れて長野はJリーグ参入出来なかった)。
寂しい限りです。
[PR]
# by gokudoh | 2010-07-18 13:07 | サッカー

【映画】インビクタス

インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット



実話であります。
こりゃ良い話ですね〜。

1994年の南アフリカ。
反体制活動家として27年ものあいだ投獄されてたマンデラが初の黒人大統領となる。
もちろん問題は山積みで、黒人を恐れる白人の反発、今まで迫害された黒人の白人に対する反発、
お互いの感情が複雑な政治状況を産み出している国。

この映画はその中で比較的政治色の低いラグビーをテーマにしています。
でもこれも白人のスポーツとして認識されているため、マンデラが政権をにぎるようになってから黒人達のチームユニフォームの変更にチーム名の変更の訴えが起きる。
確かにこの考えも理解出来るんだけど、マンデラは違った。

「ここでチームの色を変えたら白人達がまた黒人を恐れるようになる、変えないことが重要なのだ」

と白人のチームの主将と積極的に交流をはかり励ましていくのだ。

この話の凄いところは、一貫してマンデラの考えがブレないところ。
黒人の大統領が出来たことで黒人の人達からすれば白人を追い出す機会だったはずなんだけど、
マンデラはそれをしなかった。
白人も黒人も対等に暮らせる国を目指していた。

b0061465_544936.jpg


そして翌年行われるラグビーのW杯で優勝を目指すように主将に言う、この国には他に誇れるものが欲しいのだと。

最後は観て欲しいです。
これが実話だっていうんだからすごい。
W杯で流れる国歌や音楽、先日行われたサッカーのW杯でも流れてました。
心揺さぶられます。

まっすぐな汚れの無い映画です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-07-18 05:05 | 映画

【映画】クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ



ちょっと気になってたんだけど観てなかった作品。
小説が原作の映画ってなるべく全てを盛り込もうとするからぎゅーっと凝縮されていて観るの疲れるんですよね・・・w
ちなみに原作は未読です。

しかし面白かったです、この凝縮された感じがまた良い。

1985年8月12日に起きた未曾有の大事故。
あの日航機墜落事故を題材としたストーリー。

主人公である悠木は群馬の地方新聞社、北関東新聞の記者。
別件で山に行く予定だったが、ジャンボが消えたとの情報が入り記事の全権を委ねられる。
そこから前代未聞の大事故の報道する紙面作りの闘いの日々が始まるのです。
主役は新聞社の編集、僕の仕事はネットショッピングの編成。
媒体は違うけども、その立場ってのは似通っていて職場内はわかりやすい構図でした。
ただ編成と大きく違うなーと感じたのは力関係の違い。
広告を平気で落とすw 非常識な広告だと感じたらすぐ差し替え。
こんな強気で紙面作っているってのがプライドを感じて羨ましい思いもありました。

b0061465_4241719.jpg


そうなんです、この映画、たぶん映画だからなんだろうけど、記者同士がほんとぶつかりあう。
互いのプライドを譲らず自分の意見をぶつけあう。
いやーアツいなあとw
このぐらい言い合える仕事って絶対楽しいっすよ。
僕もカチンと来て結構言うんですけど、届く範囲はリーダーまで。そっから上には中々届かない。
羨ましいなーって思います。実際はこんなじゃないんだろうけどさw

さて主人公はたぶん色々背負ってるんだろうけど、感情の描写が凄く下手な為
まったく感情移入は出来ません。
というかそれぞれの感情が正直わかりづらい。
主人公の山登りのシーンも映画の流れを止めるばかりで、あんまり意味のあるものにも思えない。
一体どんな想いで登ってたのか全然わかんないし、息子の存在も小さかった。

だからこの映画の良いところは、実際に起こった事件を題材にしてるってのが大きいです。
ジャーナリズムとは?と迫っている部分が面白く感じるのだと思います。

最後の、ジェット機が堕ちる間際の乗客達の手記を読むシーンは
どうしたって抑えきれない感情が出てきてしまいます。

ネットの感想を見てるとどうやらNHKで放送されたドラマの方が素晴らしいという意見が多いので、
今度はドラマレンタルしてみます。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-07-17 13:55 | 映画

【映画】イングロリアス・バスターズ

さーてこっからまとめて記憶辿って書くんで、かなり適当な感じになりそうです。


イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]


待望のタランティーノ作品。
今回はだいぶ吹っ飛んでるねー。

第二次世界大戦中のドイツ占領下であるフランスが舞台。
家族を虐殺されたユダヤ人であるショシャナの復讐劇であり、アメリカの部隊イングロリアス・バスターズのドイツ人キラーの話でもある。

内容が内容なんでえげつない描写も結構あります。
頭皮を剥ぐとか描写すんなよって感じなんだけどw

タランティーノらしい結末の想像が付かない素晴らしい展開。
相変わらず音楽の使い方も上手いし、演出も抜群ですねー。

特にクリストフ・ヴァルツという俳優の怪演が凄いです。
不気味だけどユーモアがあり圧倒的な存在感で映画に見事なスパイスを与えてます。

最後はやはり想像を超える展開であっさり終わるんですけど、面白いもん観たなーって感じで終われます。

テーマがテーマなんでずーっと嫌な感じがあるのがちょっと受け入れにくいんですが、
それでもタランティーノ、観る価値はあります。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-07-05 00:45 | 映画

【映画】サブウェイ123激突

ひっさびさにもの凄い駄作に出あいました。
もう笑えるぐらいひどいです。


サブウェイ123 激突 [Blu-ray]
サブウェイ123 激突【Blu-rayDisc Video】

サブウェイ123 激突【Blu-rayDisc Video】

価格:4,481円(税込、送料別)



楽天のアフィリだいぶ変わったね・・・。鬱陶しいなこれ。

さてデンゼル・ワシントン主演で悪役にはジョン・トラボルタ。
ジョン・トラボルタはパルプフィクションで復活したはいいものの相変わらずの外しっぷり。
全然魅力を感じないんですよねー。

話としてはトラボルタ扮するライダー率いる5人の犯人グループが電車をハイジャックします。
デンゼル扮するガーバーが地下鉄の運行オペレーターをやっているわけですが、電車の動きに異変を感じる。
そしてライダーとガーバーの交渉劇が始まるのだ。

まずしょっぱなオープニングの映像が激しく鬱陶しい。
それっぽく格好良く見せてるつもりなんだろうけど、ああいうコマ割りとか演出はたまにやるから効き目があるのに多用しすぎちゃって何が重要ポイントかわかりにくい。

そして交渉劇もライダーの意味不明の逆ギレで運転士が殺されたりとかもうなんなんこれ。

で、犯人の要求してきた身代金を警察達が届けに行くわけですがそれもおかしい。
明らかにヘリコプターを使った方が早いのに、パトカーで渋滞の町中を猛スピードで走り抜けて行く。そこでの演出も相当鬱陶しいんですが割愛。
で、信号無視で猛スピードで走ってるもんだからあげくのはてにはパトカーが事故ります。
そして犯人の要求してきてた時間に間に合わず乗客が1人殺されるのだ。
呆れてしまう・・・。

もう一つ呆れるのが警察側のスナイパーがネズミに足をかまれて誤発砲し犯人の頭を撃ち抜くシーン。
一体どういうことなんだと・・・。

さらにここからも凄い。
ライダーは何を思ったのか、ガーバーに身代金を持ってこさせるように急に心変わりする。
なんでなのか全く理由がわからないんだけど、ライダーはただただ「あいつは信用できる」と自信満々でうそぶくのである。
で警察はパトカーだったのにガーバーはヘリで現場に向かうのだw
もうこの時点で破綻してるでしょこの映画・・・。

ライダーとガーバーが対面した時にライダーは証券会社の元社長だったことが発覚する。
逆恨みでこの犯行を起こしたということなのだ。
その割には人殺す事にも迷いがないし、言葉使いや立ち居振る舞いがまさにマフィアのようで元社長だったというのが説得力が無さ過ぎてリアリティがない。

色々と講釈やらやりとりがあった結果、何故か犯人とガーバーのチェイス劇が始まります。

で、最後にはガーバーがライダーを撃ち殺して終わるのです。

いやはや、ひどい映画です。
とんでもない映画ですこれw
よくもまあこんな映画堂々とと人様に見せれるもんです、流石アメリカ!
なんでも銃で解決!
わかりやすいねー。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-07-05 00:00 | 映画

W杯開幕!

待ちに待ってた4年に一度の祭典!

W杯がいよいよ始まりましたね。

今回は南アフリカ大会、ブブゼラっていう珍しい楽器がこだますのが特徴的。
最初はうるさいなーて思ったけど慣れちゃうもんですなぁ。

治安の問題や会場の建設遅延など色々ありましたが、無事に開催されて良かった!
まあ新たに気圧のせいでボールが浮きやすかったり、仕様が違うため変化しやすくボールが取り辛いとキーパーからの評判の悪さの問題も出て来たりしてますがw
さっそく昨日イングランド戦でキーパーが取りこぼすっていうミスもありましたが、今大会はそれが多発しそうな予感です。
ま、どの国も条件は一緒なんで、頑張って欲しいもんです。


さて昨日の時点で全5試合、一通り観ているので、所感など。

●開幕戦 グループA
南アフリカ 1 - 1 メキシコ

開幕戦は出遅れて後半から観戦。
ブブゼラの想像以上の騒音に圧倒されます。
メキシコといえば飛び抜けてはいませんが安定した強さに定評があります。
格上挑戦となる南アフリカですが、やはりホスト国の強み。
力を発揮し負けなかったってのが凄い。
グループAは中々の強豪揃いですが、ホスト国として決勝リーグに行って欲しいですね。
ま、次のウルグアイ対フランス観る限りだと付け入る隙は全然ありそうですよ。

●ウルグアイ 0 - 0 フランス

さて優勝国同士の争いです。
あまり知られちゃいませんがウルグアイは初代W杯王者だったりします。
その過去の栄光にすがっているとは思わないですが、どうしても組織力に欠けるイメージ。
この試合では世界トップクラスのストライカー、フォルランとスアレスが中々機能せず。
フランスもボール支配率は高いものの、決め手に欠ける。
やはりおっさん集団だなという印象は拭えないです。リベリ一人頑張ってもね・・・。
フランスは随分弱くなったなーという感じです。

グループB

●韓国 2 - 0 ギリシャ

今大会の初勝利国は韓国となりましたね。
ギリシャはEURO2004を優勝したほどの実力国ですが、なんか機能してない感じが。
韓国が強かったというよりはギリシャが想像以上に弱かったって感じですかね。
パクチソンだけは凄いっす。
韓国は予選突破出来そうですね、同じアジア国として日本は絶対無理だと思ってるんでちょっと悔しい限りです。

●アルゼンチン 1 - 0 ナイジェリア

アルゼンチンが格下相手に辛勝。
課題が多く残る試合だったなーという印象です。
個々の能力は世界トップクラスですけど、やはり南米特有の組織力の低さを露呈。
メッシ頼りの部分が見えちゃって、メッシさえ抑え込んでおけば勝てそうな気すらしてきちゃう。
メッシが一番それを感じていてもどかしい思いしてるんじゃなかろうか。
ここを軌道修正しない限りアルゼンチンの優勝は無いと思います(優勝予想してる人多いですけどw)。
しっかしマラドーナ目立ち過ぎねw
ボールも拾いにいっちゃうし。

グループC

●イングランド 1 - 1 アメリカ

イングランドは先日の日本との試合の状態だと全然駄目だろと思ってたんですけど、
見事に軌道修正。
やはり中盤の強さが凄いっす。
だけどそれ以上にアメリカの速さと強さが目立つ。
とにかくお互いの攻守の切り替えの速さに魅了された試合内容でした。
結果としてはイングランドのキーパーミスもあり悔しい引き分けとなりましたが、
でも実力は拮抗してたかなと思います。
ちょっとアメリカ怖いっすね。サッカースタイルは好きじゃないですけどw


長々と書いてしまいました。
やっぱW杯楽しいなー!寝不足続きそう〜。


さて最後に優勝予想ですが、
本命はスペインとなります。
やはりこの国は相当強い。

でも魂はイタリアです!!!
連覇しようぜ!!!
[PR]
# by gokudoh | 2010-06-13 14:39 | サッカー

今日のトピックス

ちょいとまとめて日記に書きます。


●日本対イングランド戦

ツイッターの方で軽くつぶやいてたのであれなんですが、
日韓戦よりも楽しみにしてた試合です。

正直日本は韓国には勝てない相性の悪さってありますよ。
むこうの燃えっぷりは半端ないですから。

そういう意味では日本を舐めてかかってくるであろう強豪国ってのは与し易い。
あと純粋に強豪国の試合は観てるだけでも面白いですしね。
ってなわけで結構面白い試合でした。

結果は2−1で日本は負けだったんですが、2点がオウンゴール。
実質イングランドにはゴールを決めさせなかったんです。
イングランドはかなり悔しかったでしょうね。

この試合を観る限り、イングランドのW杯の優勝はやっぱり無いなとw

収穫としては川島のセービングの良さ。
あとは俊輔がいない方が日本のスピードが活きている。

まあそれでも課題だらけなんだけど、でも良い試合だったなと思わせる内容でした。

けどW杯は全敗だと思ってます。

b0061465_0514612.jpg


●社民党、政権離脱を決定。

あ〜やっちゃった。
社民党はここで抜けちゃ駄目だった気がする。
社民党は民主党に歯止めを利かせる立ち位置が良かったんです。

b0061465_051337.jpg


社民党がいたから民主は自由に動けなかったし、
なんとか与党としてバランスを保ててた所がある訳で。

普天間問題は社民にとっちゃ大きな問題だろうけど、
どうしたってアメリカの意向を組むしか無い状況じゃ目に見えてた結末だった気もします。

そういう意味ではここで社民が抜けるのは、
連立としての責任放棄のような気がして仕方ないです。

ここからの民主の暴走が怖いですね。

●デニス・ホッパーが死去

b0061465_0442584.jpg


一時代を築いた名優の死去ですね。
昨年あたりから前立腺の癌にかかっていたことは知っていたので先は長くないかなと思ってはいましたが、こう実際に亡くなると残念な気持ちになります。

彼の代表作と言えば、ご存知「イージー・ライダー」
初の監督作品であり、カンヌでも新人監督賞を獲得するほどの映画です。
この時期はアメリカン・ニューシネマといい商業的な感動作品ではなく、
人間の心情を深く描きだす作品が生まれた時代。

その中で個性的な素晴らしい名優達が輩出されるわけです。

デニス・ホッパーもその1人。
しかも監督業までこなしさらに成功させちゃったのは、
他にはいない類い稀なる才能の持ち主だったことは難くないです。

近年はあまり役に恵まれなかったですが、
惜しい俳優を亡くしたなぁと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-05-31 00:45 | 日記

【映画】インフォーマント


インフォーマント!



マット・デイモン主演 監督がスティーヴン・ソダーバーグというオーシャンズ11のコンビ。

実際にあった事件を元にブラックコメディとして仕上げた作品。
なので、普通に「味の素」とか「協和発酵」とか日本の企業も実名で出てきます。

内容としては主人公が勤めてる会社、
米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)社を主犯に、日米韓の5社によって飼料添加物の「リジン」の販売価格や販売量を不当に取り決めを行っていた。

マット扮するウィテカーはそこの優秀な社員であったが、ある日工場で発生したウイルスの責任を問われ、ライバル企業から脅迫の存在があったことを上司に報告する。
会社はFBIに調査の依頼をするが、ウィテカーは逆にFBIに会社の不正を告発する。

ところが内部調査をしていくうちにウィテカー自身の不正行為、脱税が発覚する。
そして8年以上を刑務所で過ごす事になる。

書いててすでにややこしいねw

b0061465_2034066.jpg


なぜこんなにややこしくなったかというと、全てはウィテカーの嘘から始まるからである。
嘘に嘘を重ねていくから、ADMにFBIさらにはマスコミまで翻弄し全米に名を轟かせることに。

これ実話だっていうんだから凄い。
ただ映画で観ると何がなんだか訳がわからない。
結局ウィテカーは何がしたかったのかがわからない。
自分の会社での居場所が無くなる事より内部告発という行為に及んだ理由は、
ただただヤケクソになってたのか、それとも正義の心で動いたのか・・・。
彼自身も脱税を行っていたわけだからFBIが介入してくることになったらそれがバレることもわかりそうなもんだけど。

b0061465_20342424.jpg


まあその脱税の金額も二転三転し、最終的には1,150万ドルもの大金を脱税してたことになるから驚く。

このウィテカー、
今は出所していてバイオ企業の最高運営責任者として社長を勤めているというオチつき。

結局観た感想としては、「?」がいっぱい浮かぶ映画でした。
ちょっと疲れる話でしたね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-05-30 20:35 | 映画

【競馬】日本ダービー

さあ1年に1度の祭典だ!

馬にとっては一生に1回しかないチャンスです。

●日本ダービー

◎ペルーサ
○ヴィクトワールピサ
▲ルーラーシップ
△エイシンフラッシュ
△ヒルノダムール


どうしても2強の様相を呈してしまいますね。

NHKマイルでレコードで制したダノンシャンティが
出走取り消しになったのが残念で仕方ないです。

怖いのはルーラーシップとエイシンフラッシュ。
これも意外と良い着順で来そう。

さあどうなるかな。楽しみです!


オマケ

●目黒記念

◎モンテクリスエス
○フェニコーン
▲アルナスライン

ダービーでかすんでしまいますが、こちらも面白そうですよ。


○追記

ぐあー怪しいと思ってたエイシンフラッシュが来ましたね・・・。
しかも2着がローズキングダムなので外しました。

ペルーサが若干出遅れたので、まずいなと思ったらさらに流れが遅い展開に。
こうなるとペルーサはもう厳しかったですね。
2コーナーから3コーナーの流れでちょっと諦めてました。
ヴィクトワールピサは意地の3着。これも流れの遅さに泣いた感じですね。

2着を外すパターンの馬券が続いてるなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-05-30 15:30 | 競馬

【映画】グッド・バッド・ウィアード


グッド・バッド・ウィアード


韓国発の荒唐無稽マカロニウェスタン。

b0061465_2325391.jpg


韓流の3大スターが競演ということで3人とも素晴らしい存在感。
そして話も面白い。
こりゃ良いですよ。

演出も上手く、カメラワークも秀逸、展開も早いし良く出来てるなあ。

物語は
大陸を横断する列車が3人の強盗に同時に襲われる。
そこにあったのは日本軍の残した宝の場所が書かれた地図。

そこから3人はお互いの正体を知らぬまま、宝の地図の奪い合いが始まります。

b0061465_23251438.jpg


そして徐々に3人が接近し始め・・・。

b0061465_2327087.jpg


後半の砂漠での追っかけシーンは迫力あり見応え充分。
途中日本軍も絡んでくるんですが、ばったばったと殺されまくります。
これって歴史的背景を考えると、日本軍に虐げられてきた恨みを晴らす勢いですw

ただ、話としては破綻しちゃってるかなとか思う部分があるのが残念ですね。
説得力がちょっと少ないんです。

あとソン・ガンホの存在がやっぱり大きい。

b0061465_232712100.jpg


この情けない感じが、男前の俳優2人に良い感じにスパイスを与える訳です。
格好良い奴だけいてもつまんないしね。

ちょっと良い拾い物した感覚です。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by gokudoh | 2010-05-23 23:20 | 映画


写真と競馬と映画にハマッた漢の熱き愛と友情の適当日記である(仮)


by gokudoh

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

ライフログ

FINE DAYS

SOUNDS

チルドレン (講談社文庫)

その他のジャンル

覚え書き

☆注目の商品


The World is echoed / FreeTEMPO



○リンクフリーでございます

■リンク■
●浅き夢みし
仏の副長さんの日記です。
この人は天才か馬鹿かのどっちかです。
●風の手記
ラフェさんの日記。
●アヤの足跡
内藤さんの痛い記録。
●ピュルテのシンフォニー♪
可愛いタルッコの可愛い日記でございます('∇')




カテゴリ

日記
映画
競馬
下北沢
サッカー
ゲーム
音楽
写真
Apple
小説
演劇
動画
etc
FF11

以前の記事

2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ロスタイムライフ 審判は..
from ナニがあったかな?
2006年成績、105戦..
from 2006年成績、105戦10..
脅威の的中率70% MB..
from 働きマンナオトの不労所得日記..
競馬情報商材-2008...
from 競馬部門-情報商材・評価ラン..
なるか、前人未到の3日連..
from にっかんせきぐち
柴咲コウの封印されたニャ..
from 柴咲コウの封印されたニャンニ..
競馬 エリザベス女王杯の..
from 行け行け主婦の時事ネタニュー..
伝説競馬 F4馬券術 特..
from 伝説競馬 F4馬券術 特典付き
亀田親兄弟 処分決定!ラ..
from ニュース 東京 ネット新聞!..
南関競馬 予想&必勝法
from 南関競馬 予想&必勝法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧