カテゴリ:映画( 127 )

【映画】容疑者Xの献身

4/10(土)

容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]




今更な感じですが観ました。
ドラマも全部は観た事ないぐらいなんですけどw
良く出来た作品だなーと感じました。

b0061465_0453532.jpg


ちなみに小説は読んだことないです。

天才同士のやりとりは面白いですね。
最後の容疑者の報われなさがちょっと切なく泣けてしまいました。
孤独な天才であるが故、想いの伝え方が下手で最後まで伝わらなかった切なさ。
殺人罪までおかしたのに、これは報われないなーと。

ちょっと小説読んでみたいです。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-19 00:49 | 映画

【映画】コンフィデンス

4/4(日)

コンフィデンス [DVD]


詐欺師の騙し合い映画かな。
おやっと思うシーンもありますが、中々スリリングな騙し合いが楽しめます。

b0061465_0301121.jpg


ただ、ダスティン・ホフマンなんて大物使ってる割には生かし切れてないというか、ちょっと勿体ない感じでしたね。
マフィアのドンなんだけど、それほど怖い感じもしないし、なんか中途半端な存在でした。
そこが残念でしたね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-19 00:30 | 映画

【映画】2012

暗い日記なんて書いちゃ駄目だね。

昨日は同期のイベントでかなりリフレッシュ出来ました。
最後の曲はほんと良かったなぁ。

そして飲み過ぎて今日は完全グロッキー。
お花見行けなくてすいません・・・。


さてさて、最近観てた映画の感想をすっとばしてたのでまとめて書いておきます。


4/3(土)

2012 ブルーレイ [Blu-ray]



古代マヤ文明の終末論を題材にしたお話。
2012年に太陽フレアが増大し、地球が滅亡するという壮大なテーマ。

話としては従来のパニック映画と似たような感じです。
でも、圧倒的な映像が半端無く凄いですね。
ちょっと映画館で観たかったなあと思わせる迫力。
この映画はそれに限るかなぁーと。


b0061465_013217.jpg


最後はお金のある選ばれた人間のみがノアの方舟みたいなモノに乗り込んで生き残るというなんとも後味の良くない結末。
主人公の家族だけは運良く、というか必死に裏から乗り込んで助かります。
しかも彼らのおかげで船が無事に動き出した的な感じ。
なんだろ、やっぱり強引な作りだなーとか思っちゃうけど、まあ映像の凄さだけで観ちゃいますね。

それ以上でもそれ以下でもない映画です。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-19 00:01 | 映画

【映画】ブロークンフラワーズ


ブロークンフラワーズ



独身で金持ちの男が悠々自適に暮らしている。
そこに一通の手紙が届くのである。

「あなたには19歳になる息子がいます。
その息子が今旅に出ています、もしかしたらあなたの所に行くかもしれません」

かなりおどし文句に近い言葉・・・w
その衝撃を受け、主人公は20年前に付き合っていた女性5人(1人は他界)、の元へ探る旅へと出るのである。

これだけでも面白いテーマ。

しかもそのプレイボーイだった主人公役をビル・マーレイが演じる。
見た目はそんなに格好良くないのに、なぜか自然とその設定を受け入れてしまうのは
不思議な色気のせいですかね。

b0061465_2311724.jpg


さてこの4人の女性。
かなり癖のある美人さんばかり。
こんのプレイボーイなんやねんって思いますが、
女性陣も20年ぶりに合うのに乙女の顔になるのである(1人だけ違ったけど・・・w)。

懐かしんだり微妙な感じになったり様々な再会なんですけど、あの手紙を送って来た人が誰なのかわからず話は淡々と進んでいきます。

結局4人出逢ったあともわからず、帰る事を決意。
その帰る際に自分の息子らしき人間とやりとりしますが、どうやら勘違いしていることがわかり呆然としているところに・・・。

一瞬のすれ違いなんですが、中々心に残るシーンで幕を閉じます。

なんだろう、この淡々とした話の良さというか。
退屈に感じられるんだけど、一人一人の人間味とかが魅力的で観てしまいますね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-03-21 23:15 | 映画

【映画】イン・ザ・スープ


イン・ザ・スープ


全編白黒です。
スティーブ・ブッシェーミが主人公ってのがまた渋い。
でもこの俳優ってほんと魅力的、どんな役でもこなせちゃうからなんだろうなあ。

映画監督を夢見る青年(ブシェーミ)がアルバイトなどしながらうだつの上がらない生活をして暮らしている。
いよいよ家賃が払えなくなった時、自分の脚本を新聞広告で売りさばく。

その広告に目を止めたのが、ジョーと言う怪しい謎の男。

お金を出すから一緒に映画を作らないか?とブシェーミに声をかける。

そこからいろんな展開に発展していくんですけど・・・。

このジョーって男、かなり魅力的です。
やってることは詐欺師なんですけど、なぜか妙に説得力あるし所作も素敵。
あーこういう人間になりたいなあと思わせる。

b0061465_12613100.jpg


ブシェーミは前衛的な映画を撮りたがるんですけど、
ジョーはラブストーリーを作れという。

ラブストーリーは何万本も作られてるとブシェーミは反論するけど、

「恋愛はいつも新鮮だ、言う人による」

と説得力のあるお言葉。
確かにな〜っと納得してしまいました。

さて、全体的にそれほど明るい話ではないんですが、全てジョーが明るく光を灯してくれます。
不安はずっとあるけど、なんとかなるんじゃないかと思わせます。

モノクロならではの白の使い方の美しさも堪能出来ますし、これは「妙に」素敵な映画です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-03-21 01:21 | 映画

【映画】トレイン・スポッティング


続けて・・・。


トレインスポッティング


WOWOWでやってたんで久々に観る。

しょっぱなのトイレに潜り込む時点でぶっ飛んでて良いね。

b0061465_2141855.jpg


うん、やっぱサイコー!

これには説明いらない。
とりあえず観てない人は(いるのか?)、観た方が良い。



なんか2が作られるとかなんとか・・・?
う〜ん、それは反対かな。

b0061465_215498.jpg


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-03-07 02:16 | 映画

【映画】フロスト×ニクソン


●フロスト×ニクソン



こりゃ面白い!
純粋な会話の駆け引きが観れる映画です。
ちょっと感動してしまいました。

ウォーターゲート事件でアメリカ歴史上初めて辞任に追い込まれたニクソン大統領。
その辞任から3年が経過するが、結局その罪を認める事無く沈黙を続けるニクソン。
1人のイギリスのTV司会者であるフロストが大胆にもそのニクソンにインタビューを慣行する物語となります。


少し司会者として落ち目になっていたフロストはこのインタビューを期に、
アメリカでまた売れようと目論む狙いが。
ただ一筋縄ではいくわけもなく、スポンサー不足や資金不足、
まずTV放映されるのかどうかも危うい状況に追い込まれていきます。

それでも友人からの借金などで資金を工面してぎりぎりですが、強引にインタビューを行います。

1回2時間を4日間に分けてのインタビュー。

b0061465_1374924.jpg


インタビューの開始の前からニクソンは策士で、
動揺させる質問を開始5秒前に投げかけます。
これが非常に感じ悪い・・・w

1回目はウォータゲート事件の発端となった盗聴テープの消去についていきなり切り込むが、
ニクソンはやはりやり手で自分の正当性だけの説明で30分近く使う。
そしてそのまま結局次の質問でもニクソンの話が長くなり深くまで切り込めることができず、1回目は完敗で終わる。

2回目と3回目も
それぞれベトナム戦争の正当化で強く押さえ込まれ、外交施策の対応の上手さで丸め込まれ
結局対話としては負けで終わっていきます。

b0061465_137274.jpg


4回目、いよいよ追い込まれたフロストは
これは対決なんだと自覚をし、本気で打って出ます。

文書として残っていなかったはずの盗聴記録を探しだし、
そこから攻めに転じます。

ニクソンはそんなものがあるとは知らずに、明らかな動揺が始まります。

フロストの
「大統領が国益のためなら非合法のこともできるのか?」

の質問に対して、

「否、大統領が行うことは全て非合法ではなくなる」

とニクソンは思わず本音が出てしまいます。

ここで勝負は決しました。
その一言とでとうとうニクソンが崩れ始めます。

少しの休憩を置いてから、ニクソンの告白モード。
過ちをおかしたこと、国民を失望させたこと、全ては自分に非があること。

この告白シーンは凄いです。
一国の大統領だった人間が全ての非を認めるのです。
そうとう勇気のいることかと思う訳で、
罪の重荷を背負うより告白することを選んだニクソンに非常に男を感じますね。


こうしてこのインタビューは成功を納め、ニュース史上でも最高の視聴率を獲得することとなります。


この物語の面白い所は、結局はニクソンはメディアで始まりメディアで終わっていったんだな〜と。
メディア戦略が下手で大統領選でケネディに負け、最後は自ら告白し、公職からも去る事となる。
歴史的には非常に色々施策を残した大統領ですが、汚点も大きく残ってしまいましたね。

でもこの告白はやっぱり男を感じます。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-03-07 01:45 | 映画

【映画】それでも恋するバルセロナ


●それでも恋するバルセロナ


ウディ・アレンの作品。

恋は理屈じゃないと感じさせます。

親友同士の女の子が、今の気分を変える為にスペインのバルセロナに向かいます。
そこで出逢った地元の男性に、2人が惹かれてさらに元奥さんまで出て来て・・・ってな展開。

こう書くと偉いドロドロしてカオスなんだけど、そこはウディ・アレン特有のコミカルな感じで描かれてるのでコレも有りなんじゃないかとか思わされてしまう。

僕は嫌ですけどww
女2人と住むとかどうかしてるし、複数人を好きになるのも無理だ〜。
1人でも大変なのに。

b0061465_22202553.jpg



これといって盛り上がりはないので、う〜んって感じですが。
恋愛モノとしては癖あって面白いですかね。


旅行に出かけた女性の1人がスカーレット・ヨハンソンに元妻がペネロペ・クルスで、
キレイどこ集まっててなんて贅沢な男なんだと途中で怒りが・・・!w

しかし僕は、スカーレット・ヨハンソンの方が確実に好きです。
キレイすぎやろ。

b0061465_2223276.jpg


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-03-06 22:23 | 映画

【映画】2006FIFAワールドカップ~THE DOCUMENT~

BS朝日でやってたのでついつい観てしまいました。

2006FIFAワールドカップ ~THE DOCUMENT~



当時の記憶が鮮明に甦りますね。
予想してたイタリアが優勝した大会だったので良い思い出w

ま、大体予想はイタリアなんですけど!

映画監督が撮影し監修した作品なので映像は奇麗です。

決勝戦のイタリアvsフランスは地味な展開なんですけど、今観ても面白い試合ですねー。

毎度毎度、優勝候補と言われる両国ですが、この大会は両方ともかなり苦労してきてます。
なんですが、やはり自力の強さで決勝まで来れちゃうのは凄いなーと。

衝撃のジダンの頭突きもスローモーションで観れましたw

両方とも決定力不足が露呈した決勝戦。
決め手に欠けたまま1対1でPK戦へ。

PKにはほとほと運のないイタリアがここで競り勝ち、優勝に至るわけですなー。

b0061465_1223789.jpg


イタリアの強さは、やはり鉄壁であること。
点さえ入れられなきゃ負けない。
そのカテナツィオが僕は好きなんです。

今年はワールドカップの年。
日本はまあ1勝出来ればマシ程度でしょう。
世界レベルのサッカーが観れるだけでも充分!

楽しみですね〜!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-02-22 01:20 | 映画

【映画】ウルヴァリン X-MEN ZERO


レンタル開始してたので借りてみました。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO


X-MEN 結構好きなんですよね。
マーベルシリーズはどれも好きなんですけどw

最新作ですが、ウルヴァリンの過去を描いています。

ミュータントとして目覚めたきっかけや、兄の存在、その兄との確執、
ウルヴァリンという名前になった理由、
今まで描かれてなかった過去なので非常に興味深い内容となってます。
爪がアダマンチウムという超合金?になっていく様も面白いですね。

ただまあ全体的に話の流れや展開が地味で盛り上がりに欠けるかなーと。

ビクターという兄貴と何回か戦闘をするのですが、どれも同じシーンのような気がして
対して派手でもないし流石に3回目辺りでくどいわ!って思ってしまった。

もっとその辺の葛藤を深く描いて欲しかったですね。
なんかすぐキレるなあーウルヴァリンっっ。ってイメージが強くなるばかりで・・・。

b0061465_328660.jpg


結局こういうのはキャラクターの魅力ありきなので、
それがどれだけ生かせるかってことになるのかな〜。

まだまだスピンオフが作られるらしいので、
上手く生かしたモノを作って欲しいものです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-02-14 03:21 | 映画


写真と競馬と映画にハマッた漢の熱き愛と友情の適当日記である(仮)


by gokudoh

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ライフログ

FINE DAYS

SOUNDS

チルドレン (講談社文庫)

その他のジャンル

覚え書き

☆注目の商品


The World is echoed / FreeTEMPO



○リンクフリーでございます

■リンク■
●浅き夢みし
仏の副長さんの日記です。
この人は天才か馬鹿かのどっちかです。
●風の手記
ラフェさんの日記。
●アヤの足跡
内藤さんの痛い記録。
●ピュルテのシンフォニー♪
可愛いタルッコの可愛い日記でございます('∇')




カテゴリ

日記
映画
競馬
下北沢
サッカー
ゲーム
音楽
写真
Apple
小説
演劇
動画
etc
FF11

以前の記事

2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ロスタイムライフ 審判は..
from ナニがあったかな?
2006年成績、105戦..
from 2006年成績、105戦10..
脅威の的中率70% MB..
from 働きマンナオトの不労所得日記..
競馬情報商材-2008...
from 競馬部門-情報商材・評価ラン..
なるか、前人未到の3日連..
from にっかんせきぐち
柴咲コウの封印されたニャ..
from 柴咲コウの封印されたニャンニ..
競馬 エリザベス女王杯の..
from 行け行け主婦の時事ネタニュー..
伝説競馬 F4馬券術 特..
from 伝説競馬 F4馬券術 特典付き
亀田親兄弟 処分決定!ラ..
from ニュース 東京 ネット新聞!..
南関競馬 予想&必勝法
from 南関競馬 予想&必勝法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧