カテゴリ:映画( 127 )

【映画】インフォーマント


インフォーマント!



マット・デイモン主演 監督がスティーヴン・ソダーバーグというオーシャンズ11のコンビ。

実際にあった事件を元にブラックコメディとして仕上げた作品。
なので、普通に「味の素」とか「協和発酵」とか日本の企業も実名で出てきます。

内容としては主人公が勤めてる会社、
米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)社を主犯に、日米韓の5社によって飼料添加物の「リジン」の販売価格や販売量を不当に取り決めを行っていた。

マット扮するウィテカーはそこの優秀な社員であったが、ある日工場で発生したウイルスの責任を問われ、ライバル企業から脅迫の存在があったことを上司に報告する。
会社はFBIに調査の依頼をするが、ウィテカーは逆にFBIに会社の不正を告発する。

ところが内部調査をしていくうちにウィテカー自身の不正行為、脱税が発覚する。
そして8年以上を刑務所で過ごす事になる。

書いててすでにややこしいねw

b0061465_2034066.jpg


なぜこんなにややこしくなったかというと、全てはウィテカーの嘘から始まるからである。
嘘に嘘を重ねていくから、ADMにFBIさらにはマスコミまで翻弄し全米に名を轟かせることに。

これ実話だっていうんだから凄い。
ただ映画で観ると何がなんだか訳がわからない。
結局ウィテカーは何がしたかったのかがわからない。
自分の会社での居場所が無くなる事より内部告発という行為に及んだ理由は、
ただただヤケクソになってたのか、それとも正義の心で動いたのか・・・。
彼自身も脱税を行っていたわけだからFBIが介入してくることになったらそれがバレることもわかりそうなもんだけど。

b0061465_20342424.jpg


まあその脱税の金額も二転三転し、最終的には1,150万ドルもの大金を脱税してたことになるから驚く。

このウィテカー、
今は出所していてバイオ企業の最高運営責任者として社長を勤めているというオチつき。

結局観た感想としては、「?」がいっぱい浮かぶ映画でした。
ちょっと疲れる話でしたね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-05-30 20:35 | 映画

【映画】グッド・バッド・ウィアード


グッド・バッド・ウィアード


韓国発の荒唐無稽マカロニウェスタン。

b0061465_2325391.jpg


韓流の3大スターが競演ということで3人とも素晴らしい存在感。
そして話も面白い。
こりゃ良いですよ。

演出も上手く、カメラワークも秀逸、展開も早いし良く出来てるなあ。

物語は
大陸を横断する列車が3人の強盗に同時に襲われる。
そこにあったのは日本軍の残した宝の場所が書かれた地図。

そこから3人はお互いの正体を知らぬまま、宝の地図の奪い合いが始まります。

b0061465_23251438.jpg


そして徐々に3人が接近し始め・・・。

b0061465_2327087.jpg


後半の砂漠での追っかけシーンは迫力あり見応え充分。
途中日本軍も絡んでくるんですが、ばったばったと殺されまくります。
これって歴史的背景を考えると、日本軍に虐げられてきた恨みを晴らす勢いですw

ただ、話としては破綻しちゃってるかなとか思う部分があるのが残念ですね。
説得力がちょっと少ないんです。

あとソン・ガンホの存在がやっぱり大きい。

b0061465_232712100.jpg


この情けない感じが、男前の俳優2人に良い感じにスパイスを与える訳です。
格好良い奴だけいてもつまんないしね。

ちょっと良い拾い物した感覚です。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-05-23 23:20 | 映画

【映画】ザ・バンク 〜堕ちた巨像〜

ちょっと一週間前に観た映画を記憶を探りながら書きます。

ザ・バンク 堕ちた巨像


クライブ・オーウェンが出てるアクションサスペンス系の映画です。
といってもそれほど複雑ではなく、アクション要素が高いですね。

b0061465_22122125.jpg


国際商業信用銀行(BCCI)が実際に91年に破綻した事件を元にした物語。
いろんな紛争やらに介入して金を貸しまくって破綻したというかなりおマヌケな話なんだけど、
映画では裏で行われた取引などを調査するインタポールの捜査官が国家権力とのもどかしい狭間に揺れながら、どんどん確信に入って行きます。

b0061465_22134499.jpg


中々思うようにいかない捜査に次々と人が殺されていくのはサスペンス的には見応えあります。

美術館での銃撃戦は素晴らしい演出で迫力あり。

飛び抜けた話ではないですが、
それなりに楽しめました。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-05-16 22:06 | 映画

【映画】モーターサイクル・ダイアリーズ


●モーターサイクル・ダイアリーズ


気にはなっていたけど実は観ていなかった作品。
チェ・ゲバラが若き日に友人と2人で南米旅行に出る物語。

b0061465_21113495.jpg


パッケージでは爽やかな写真ですが、
中身は南米社会の現実を見せつけられるという内容。
最初は好奇心で旅にでたゲバラでしたが、
南米の様々な様子を見ていくことで将来に対する考えが変わっていきます。

友人のアルベルトの調子の良さがこの映画にスパイスを与えて
楽しい旅へと導いてくれます。
イラっとすることもあるけどw

b0061465_21121415.jpg


南米の自然の風景、
アンデスの山々やマチュピチュにアマゾン川など綺麗な映像が楽しめロードムービーとしても秀逸です。

ペルーでのハンセン病患者の療養所でのシーンがこの物語では中核になるかと思います。
そこでゲバラは考えを変えて行く。
顔つきも変わっていくのがリアルで、観るものに訴えてきます。
是非とも観て欲しいのですが、
川の向こうにいる患者に会いに行く為に喘息持ちのゲバラが川を泳ぐシーンは胸を打ちます。

最後のシーンは
ゲバラと一緒に旅に出た友人であるアルベルト本人が出演しています(なんと80歳!)。
これも印象的ですよ。

秀逸な映画でした。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-05-16 21:35 | 映画

【映画】チェイサー


●チェイサー


エグイです。
パッケージ見てなんとなく覚悟はしてたけど予想以上のエグさでした。
こういうサスペンス系の韓国映画破壊力あるなあ・・・。
だいぶ気分落とされましたw
日曜の夜に観るんじゃなかったw

内容は、
韓国で実際に資産家老夫婦や風俗嬢など総勢31人殺害した
という事件を元にされた作品です。


デリヘルを経営している元刑事の主人公ジュンホ。
相次いで店の女の子が連絡が取れなくなってしまう。
お店的には良くあることらしく逃げたんだろうと踏んで、あまり危機感がない。

しかしジュンホは帳簿を確認していて違和感に気付く。
連絡が取れなくなった2人とも最後の客の電話番号が一緒なのである。
そして今送り出した店の子の相手の電話番号とも一致する。

ジュンホは店の子が売られてるんじゃないかと思い、
女の子(ミジン)に電話をする、お客の住所がわかったらメールしてくれと。
(お客と街中で待ち合わせするので住所を知らない)

b0061465_249435.jpg


ミジンはお客の家についてすぐ風呂場にある血のりのついた髪の毛に危機を感じ、
メールを試みるが圏外。
車に忘れ物したからといって外に出ようとするが南京錠がされている。
そして場面が一転、ミジンは風呂場で手足縛られて身動きの取れない状態に・・・。
そこにお客である(ヨンミン)が工具の入ったバッグを持ってくるのだ。

いやはや書いてても気持ち悪いわこの展開。

結果、殺人は未遂に終わるんですけど、
その間も探しているジュンホは女の子が売られたと思っているのでやっぱり危機感が少なく
観てる方としてはかなりもどかしいです。

ところがヨンミンが何故か外出し、ジュンホと車で事故りあっさり捕まります。
この辺からもやりとりがもどかしく、警察もヨンミンが犯人であることに確信を持つまで結構色々あります。

b0061465_2414734.jpg


ジュンホはこいつが殺人犯だとは信じて無く、とっととミジンの居場所を知りたいだけ。
警察は殺人犯だと確信しているが住所も不定であるため、決定的な証拠が無い。

ジュンホは頼りない警察とは別に独自に調べ始めます。
そこでミジンに娘がいることや、過去に転々としている経歴や兄夫婦の娘を殺人未遂していたりと
どんどんジュンホにも危機感がつのり始める訳です。
そして少しづつ足跡を辿るのですが、全く見えてこない犯人の住所。

b0061465_2424166.jpg


さて、ラストなのですが
正直救いようがない衝撃的な結末です。

ミジンのジュンホに対して残した留守電が切な過ぎるわ、救いがないわで
観てて辛すぎます。

ここまで落とされる映画も中々珍しいかなと。

しかし韓国映画はこういうサスペンス系の作り込みの上手さは流石ですね。
新人監督さんらしいんですが、この引き込まれていく物語展開は凄いもんです。

ハリウッドでリメイクするらしいですけど、
ま、この雰囲気はハリウッドじゃ100%無理でしょ。

げっそり凹まされたのでちょっと元気出る映画観たいわw


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-05-10 02:43 | 映画

【映画】劔岳 点の記


●劔岳 点の記



凄いです、迫力のある映像美。
リアルに再現する為に実際に辿った道を俳優陣が登っているってのもまた凄い。
なので映像は圧倒的です。
言葉が無くても登頂シーンだけで説得力があります。

b0061465_1141792.jpg


監督のこだわりなんでしょうが、
物語通りに順番に撮っていくのも珍しい。
だからこそ俳優陣の顔や姿などがどんどん濃く深みを増すし、
物語に厚みを加えている気がします。

b0061465_1152376.jpg


話のエッセンスとして山岳会の存在と役所広司の存在は大きいですね。

最後の登りきった時の演出は僕の中ではちょっと納得の行かないあっさりした感じでしたけど、
これもこだわりだったんですかね。
結末もちょっと驚く結末で、実話だけにこんなことってあるもんなんだなーと思ってしまいました。

さて、主人公の柴崎はただ正確な地図を作る為だけに劔岳に挑戦したわけですが、
どんな思いで登ってたんでしょうね。

映画の中では、

何をしたのかではなく、何の為にそれをしたのかが重要。

と素敵な一言があります。


うちらの仕事でもこうやって評価されたら最高ですね。
数字なんかどうでも良くて、
会社の為に自分がここにいるっていう単純な評価でええやんって感じです。

さて素敵な映像を観て癒されたので、明日からも頑張りますわ!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-05-06 01:05 | 映画

【映画】インスタント沼

麻生久美子作品を「おと・な・り」に続いて。


●インスタント沼



出だしの怒濤の如く始まる回想シーンが秀逸過ぎる。
そこに全てが詰まってるようにも思えます。

男女の恋愛関係は凄く面倒くさくて何も無い事を望むけど、
それが幸せかって言われればそうでもなくて。

これは「おと・な・り」とは逆で説明が多く、
これはこれで人間の悩みってのがこれだけ常にあるんだよなーとダイレクトに伝わります。

b0061465_031891.jpg


水道の蛇口の設定は面白い。
目一杯蛇口を捻って、水が一杯になる前に行動を起こす。
たったそれだけで退屈な日常がスリルに溢れる。

これってすごく重要で、ちょっとした角度の違いでポジティブな発想が生まれる。

最近の自分にはこれが足りないw
基本ポジティブ発想だったのに、ここんとこネガティブに考えちゃう。
なんか知らんけど常に孤独感がありますね。
まあ自分で距離作ってたりするんで仕方ない所もあるんですけど。

もっと懐に入っていかないと!
はじめの一歩並みにインに入り込んで、
リヴァーブローを一発かます勢いでガツンといかないと
なんもかんも後悔しちゃう。

今の不安定な感じはホントヤヴァイわw


さて、映画に戻って。
話としては途中で中だるみしちゃってオチも予想外でバカらしく、
オイオイ・・・とか思ったのがちと残念。
ただ全体的に前向きな感じは観てて元気は出ますね。
麻生久美子の精一杯の元気な演技は素晴らしいです。

思ったけど、
三木聡の作品って紙一重ですね。
面白い部分もあるんですけど、やっちゃったって思うシーンも多々あって
観る人によっちゃ疲れちゃうタイプかも。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-30 00:22 | 映画

【映画】おと・な・り


●おと・な・り



30歳の男女が、お互い姿など知らぬ「おとなりさん」であり、でも互いの音を確かめあう「音鳴り」でありそして30歳という「大人になる」
そんな模様が描かれた映画でした。

2人とも出逢いそうで出逢わないまま話が進んでいきます。
このまどろっこしさが合わない人には合わないだろうけど、
30歳でお互い独身で、夢もまだ諦めきれず、恋人もそれほど強烈に欲しいとは思っていない。
ただ「おとなりさん」がなんとな〜く気になるといった感じ。

b0061465_1965329.jpg


年齢的にも近いものがあり自分と重ね合わせてしまったので、
なんか感情移入しまくってしまいました。
わかるわーっていうw

そういう意味では草食的な映画かもしれません。


最後のシーンが秀逸です。
ちょっとシビれました。

この映画素晴らしいです!


しかし、麻生久美子って同い年なんだけどキレイだよねー。


b0061465_1973431.jpg



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-25 19:08 | 映画

【映画】パイレーツ・ロック


●パイレーツ・ロック


時代は1966年、まさにブリティッシュロックが絶頂期。
だけど、BBCラジオが流すポピュラー音楽の放送時間は1日45分。
この時代はまだ民放のラジオ局は無かったのだ。

そんな中、海賊船から1日中ロックを流す放送局があった。
その名も「RADIO ROCK」

特に法律を犯してはいないが、
俗物的ということで政府が潰しにかかる。
無理やり違法と言い切っちゃう辺りが凄いけどw

まずは企業からの広告収入を禁止することで財源を断とうとする。
が、ラジオロックの管理者はアメリカにいる世界一有名なDJを呼ぶ事でまた企業からの広告獲得を行う。

b0061465_14353874.jpg


なかなかアラを探せない政府、次に打って出たのは
海賊局のせいで海上の救難信号を拾えず危うく事故が起きそうだったことを取り上げ、新法を作る。
それもDJはまったく堪えずラジオロックは諦めずに犯罪者になろうとも放送し続ける事を選ぶ。

b0061465_1436619.jpg


政府に追われつつも上手く回避し、順風満帆に行くはずだったラジオ局だったが、
老朽化により船体に穴が空き船が沈没する危機に・・・。

こっから先はぜひ観てくださいw
そこで流れる「青い影」は秀逸ですよ。


60年代のイギリスだなーと思わせる、酒と女とドラッグやり放題。
主人公の彼女が可愛いすぎて羨ましいわ!!

b0061465_14375445.jpg


この自由奔放さがロックとマッチするし、観ていても良い時代だなーと。
服装も古びてないし、格好良い。

全編ブリティッシュロックが流れてるし、中々堪らない映画ですね。

b0061465_14382398.jpg


CD買っちゃうかも。

●パイレーツロックCD



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-25 14:40 | 映画

【映画】アバター


勢い余ってブルーレイを購入。
なぜかDVDも特典で付いてます。

映像を見比べろって感じですかね。

●アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]



ブルーレイの映像やっぱ凄いですね。
こりゃ迫力あります。

ブルーレイで観る価値はあるかなーと。

なんか3D映像版や特典映像付きが後で出るって噂ありますけど、これで充分ですね。

ちなみに感想は過去に映画館で観た時と変わらないので、
リンク貼りつけておきますw

過去のアバターの感想http://gokudoh.exblog.jp/12653216/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gokudoh | 2010-04-24 23:11 | 映画


写真と競馬と映画にハマッた漢の熱き愛と友情の適当日記である(仮)


by gokudoh

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

ライフログ

FINE DAYS

SOUNDS

チルドレン (講談社文庫)

その他のジャンル

覚え書き

☆注目の商品


The World is echoed / FreeTEMPO



○リンクフリーでございます

■リンク■
●浅き夢みし
仏の副長さんの日記です。
この人は天才か馬鹿かのどっちかです。
●風の手記
ラフェさんの日記。
●アヤの足跡
内藤さんの痛い記録。
●ピュルテのシンフォニー♪
可愛いタルッコの可愛い日記でございます('∇')




カテゴリ

日記
映画
競馬
下北沢
サッカー
ゲーム
音楽
写真
Apple
小説
演劇
動画
etc
FF11

以前の記事

2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ロスタイムライフ 審判は..
from ナニがあったかな?
2006年成績、105戦..
from 2006年成績、105戦10..
脅威の的中率70% MB..
from 働きマンナオトの不労所得日記..
競馬情報商材-2008...
from 競馬部門-情報商材・評価ラン..
なるか、前人未到の3日連..
from にっかんせきぐち
柴咲コウの封印されたニャ..
from 柴咲コウの封印されたニャンニ..
競馬 エリザベス女王杯の..
from 行け行け主婦の時事ネタニュー..
伝説競馬 F4馬券術 特..
from 伝説競馬 F4馬券術 特典付き
亀田親兄弟 処分決定!ラ..
from ニュース 東京 ネット新聞!..
南関競馬 予想&必勝法
from 南関競馬 予想&必勝法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧